貿易事務 未経験

未経験で貿易事務の仕事に就くためには、多くの求人が掲載されている求人サイトの利用が欠かせません。

 

個人ではあまり接することがない貿易関係の仕事は、主に企業間取引で行われており、
海外から直接仕入れている会社の調達部門などの形で存在しています。

 

大企業であっても安心して貿易事務を任せられる人材を求めているので、
未経験であっても求人サイトでいち早く応募することで採用してもらえる可能性が十分にあるのです。

 

ただし貿易事務の仕事は、外国の会社と日常的に連絡を取り合う商取引だから、
英文での契約書や、現地の港湾局などの官公庁へ提出する書類の準備といった業務も含まれます。
荷物についての問い合わせでは、すぐに返事をもらわないと困る要件も多々あり、電話で直接話し合うケースが珍しくありません。

 

言語も文化も違う相手とビジネスを行っていくには、高い語学力とコミュニケーション力を要求されるので、
まず求人サイトに掲載されている求人情報を一通りチェックして、必要とされる要件を確認しましょう。

 

最も早く現場に入る手段は、未経験でも受け入れてくれる貿易事務の派遣求人ですが、
基本的にデータ入力や書類の整理といった仕事になるので、
本格的に働きたい場合は自ら仕事を覚えていく姿勢と、具体的なスキルアップが必要不可欠です。

 

 

貿易事務そのものは未経験であっても、英語の語学力ならば、
学習教材を用いることで、ビジネスができるレベルまで高められます。

 

現在では、大きな取引相手である中国の企業とも密接なつながりがあるので、
中国語ができると、貿易事務未経験の人でも、より活躍の場が広がります。

 

派遣会社に登録して、現場で働きながら語学や貿易についての研修を受けることも、正社員の求人に応募するために有効な方法です。

 

異業種からの転職としては、国内での物流管理の経験か、
あるいは、営業事務のような契約に従って物品やサービスを提供する業務を経験していると、高評価を得られます。

 

日本国内と海外の両方において、正確な書類手続きをしなければいけないので、
いずれかの会社で事務職を経験していた方が有利に転職できます。

 

長く働ける正社員になるために求人サイトを活用する場合は、
貿易事務の流れを一通り体験できる中小企業を狙うのも1つの方法です。

 

未経験であってもじっくり実力をつけられるだけの環境があるから、
将来的には貿易事務のプロとして、その会社に欠かせない人材になれます。

 

ベテランと呼ばれる立場になれば、その会社で出世することや、もっと良い条件で転職することも可能です。

 

いっぽう、大企業では、輸出と輸入の違いだけではなく、その中でも業務が細かく分かれているので、
自分の責任の範囲が明確である反面、長く勤めているが特定のセクションの仕事だけしか知らないという方もいます。

 

求人サイトでは、現在必要とされるスキルや向いている人物像についてのアドバイスもあるので、
今の自分に足りない部分や、逆に何をアピールすれば良い評価を得られるのかを理解できるのです。

 

習慣的に行っているビジネスだから、慣れてくれば定型業務になっていきますが、
未経験からそこまで到達するのが一苦労で、専門用語を自分で調べていく等の努力が求められます。

 

貿易事務の仕事を派遣として働く場合はそれほどの残業はないものの、その業務に責任を負う正社員の立場では、
この船舶が出港するまでに通関についての手続きを必ず済ませなければいけないケースもあるので、責任感が強い方に向いている職種です。

 

独学で勉強できる語学力をどれだけ伸ばせるかがポイントで、
未経験であっても高い語学力があれば、すぐに色々な仕事を任せてもらえます。

 

求人サイトに登録しておけば、自分の希望条件に沿った貿易事務の求人が新着情報として出てきた時点で、メールなどで即座に知らせてくれて便利です。